瓦礫

橋の修繕工事現場で見つかったのはなんと複数の死体です。実はこの死体、想像もできないある場所から運ばれてきたことがその後の調査で明らかになったそうです。

中国メディアによると今月5日、山東省済南市大橋鎮で橋の修繕工事を行っていた現場から複数の人間の死体が発見されたと報じられました。

がれきの中から複数の人間の死体!=「事件だ!」と慌てて通...:レコードチャイナ

死体を発見したのは大橋鎮の村民で、この日友人同士が修繕工事現場で立ち話をしているときに足元の瓦礫を蹴飛ばしたところ、その下から人の手が出てきたとのことです。村民によると「その時は驚いたよ。事件かと思ってみんなで警察に通報したんだ。死体は、橋の修繕のためによそから運ばれてきたがれきに紛れていたようだ」と話しているようです。

その後警察当局の調べによると、死体は大学の医学部が保管していたという『試験用の人体医学標本』で、以前行われた医学校舎の取り壊しの際に何らかの理由により流出してしまったものだそうです。現在、この標本は大学に戻されているとのことです。

それにしても複数の遺体を含んだ瓦礫を積み込む際、いくつかの場面で人の目に触れる機会があったにもかかわらずなぜ誰も気づかなかったのか、また大学が遺体の流出にまったく気づいていないということがあまりにも怪しい事件になりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加