工業塩

『3グラムの摂取で死亡する』と知られる工業塩について、中国の意図的に作り市場に流していた業者が摘発されました。写真は参考資料

2015年2月21日、中国メディアの南方都市報は、工業用塩を食品塩に偽装して市場に流していた工場を広州警察が2月5日に摘発したとのニュースを伝えた。

南方都市報は、「この工場では、工業用塩を食塩用の小袋に詰め替えて市場へ流し、食品店などに販売され、会社の食堂でも使用されていた。

Record China
中国で生産される恐ろしい塩として工業塩こと亜硝酸ナトリウムがあります。亜硝酸ナトリウムは見出しに書いたように数グラムの摂取で死亡する恐れがあるという殺人塩になっており、当然食用として扱われてはいません。中国と工業塩については2006年10月頃には工業塩の被害が報告され最近は耳にすることはなかったのですが、現在も生産されている実態が明らかになりました。

このような殺人塩が作られる理由は単純で通常の塩よりも値段が安いからです。これまでも広東省仏山市の大手醤油メーカーが亜硝酸ナトリウムを溶かした液体を搬入する様子を市民が目撃し通報に至ったケースも存在してます。
中国では塩の販売については「省承認ステッカー」貼付が義務付けられてるものの、これ事態も偽装されているといいます。

ちなみに、過去中国では塩を作る原料として農薬の固形廃棄物から塩1万4000トンを違法に製造していたという、錬金術を行っていた業者も摘発されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加