封神英雄

中国で新しく始まったドラマ「封神英雄」。他のドラマで話題になったセクシー衣装が話題となっているそうなのですが、「問題はないのか」と指摘されている点について製作者は基準の違いを説明しているといいます。

ここ最近、中国で行われるイベント、一般的なウェブサイトやゲームなどで頻繁に登場するのはセクシー衣装を身にまとった女性(芸能人や女優、イラスト)です。これは日本ので見る以上のものが映し出されているケースがあるのですが、最近は多くの人が目にするドラマにまでこの流れが来ているとされています。

中国メディア「新浪」によると中国で新しく始まった時代劇ドラマ「封神英雄」について、他のドラマでは当局から検閲されたセクシー衣装が未だに封印されない理由を説明していると報じています。

女優の「胸」封印されないのは「妖怪だから」?時代劇ドラマ...:レコードチャイナ

検閲で有名になったのは年末年始にかけ放送された女帝ドラマ「武媚娘伝奇」です。前触れもなく急きょ放送が中止され、再開された後には顔のドアップ映像に差し替えられていたとして欧米では話題になっていました。その後明らかになったこととして、メディアを統括する国家広播電影電視総局(広電総局)の検閲が入り胸元が大きく開いた衣装が映る場面ではいずれも顔を拡大した映像に入れ替えられる処置がとられました。

封神英雄も武媚娘伝奇に引けを取らないほどのセクシー衣装が採用されているそうなのですが、未だに検閲が入らない理由として製作会社・華策影視公司の関係者によると「人間ではなく妖怪だから。歴史ドラマと神話とでは基準が違う」と説明し検閲は行われないと持論を展開しているそうです。


 
こちらがドラマの映像なのですが確認してみたところ武媚娘伝奇よりも落ち着いた衣装になっており、カメラアングルも“酷くない”ということから妖怪がどうのこうの以前にギリギリ検閲の対象にはならなかったと思われます。

中国では女性が人前で肌を露出することはタブーとなっている一方、国内で開催されるモーターショーのコンパニオンは他国では見られないほど過激な露出となっており、コンパニオンそのものが排除される事態になっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加