Su-30

世界には様々な戦闘機がありますが、その中でも何故か製造工程が公になることが多いのがロシアです。今回は最新の第4世代ジェット戦闘機Su-30の製造現場を撮影した貴重な写真を紹介していきます。

フランカーF2という愛称(NATOコードネーム)で知られているのはロシア空軍の戦闘機Su-30です。Su-30はSu-27「フランカー」を発展させた複座多用途戦闘機になります。フランカーファミリーで知られるSu-27の派生型及び発展型は多種にわたっており、見た目で判断するのは詳しい人でなければ非常に困難になっています。

Su-30_1

Su-30を含むフランカーファミリーは航空自衛隊のF-15Jなどとは異なり非常になめらかな機体デザインになっています。また、アメリカの機種では目にすることはない主翼の前方左右に付けられた「カナード」と呼ばれる小型の翼が付いているのもこの機種の特徴で西側、東側諸国の軍事マニアの間では根強い人気を誇っています。

Su-30_2

Su-30_3

Su-30_4

Su-30_5

Su-30_6

Su-30_7

Su-30_8

Su-30_9

Su-30_10

Su-30_11

Su-30_12

Su-30_13

Su-30_14

Su-30_15

Su-30_16


Su-30_17

Su-30_18

Su-30_19



Su-30の最新型はSu-30SMで性能は劣るもののSu-30を複座多用途戦術機としたSu-30Mについては輸出型が存在しインドや中国、マレーシアなどの国々へ輸出、生産されています。

ちなみに、最も重要なエンジン部についても製造工程が公開されています。これが露戦闘機のエンジン製造現場だ! : ZAPZAP!

Photo:Awesome Production of SU-30 | English Russia