image_6

リボルバー向けに設計された大口径弾薬「44マグナム」はゲームや映画でもよく登場するものなのですが、吊り下げた水風船に向けて発砲するとどのようになるのでしょうか。

これはナショナルジオグラフィックが行ったもので、1.5リットル程の水がはいった水風船を複数並べ、どのように割れるのかを実験した映像になります。ちなみに44マグナムは至近距離であれば北米に存在するすべての生物を倒すことができる威力があります。



私を含め大半の人がすべての水風船を貫くことができると想像したともうのですが、実際は3つの水風船を貫通し4つめで食い止めることができました。銃弾と水を使った映像は有名で、大半の銃弾は1m程度で勢いをなくし無力化されることが知られています。



これはアサルトライフルやより大口径の狙撃銃も同様で、少なくとも水中を4.5mもすすむことは無いとされています。また空中から発射された弾丸についても同様で映画のように細い線を描きながら水深4.5m下まで進むことはなく、入水後僅かな距離でバラバラに砕けるか威力をなくし無力化するとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加