スカイクレーン_4

NASAの火星探査機「キュリオシティ」 が火星に到着してから今年の8月で4年目を迎えますが、着陸で使用されたスカイクレーンについて地表に衝突した現場の写真が公開されています。

アメリカ航空宇宙局 (NASA) によりアメリカ時間2012年8月6日午前5時に着陸を果たしたのはマーズ・サイエンス・ラボラトリーことキュリオシティです。キュリオシティはサイズが軽自動車並、重量は900kgというこれまでにない巨大な探査車で、着陸では重すぎるキュリオシティを着陸させるため「スカイクレーン」というこれまでにない逆噴射により減速、軟着陸を行う装置が使われました。

スカイクレーンは火星地上上空でホバリングしながらワイヤーでキュリオシティを降ろし、接続を解除した後遠くに飛んでいくような設計がされました。



▼スカイクレーンとキュリオシティ(CG)
スカイクレーン

スカイクレーンはその後地上に衝突したのですが、この現場の写真がマーズ・リコネッサンス・オービターにより撮影され月日が経つごとに風化していく様子が公開されました。NASAによると30ヶ月に渡る観測が行われており、途中で風化したと思われる箇所が再び黒く現れるなど様々な変化が見て取れたとしています。

▼スカイクレーンの衝突現場(NASAにはGIF動画があります)
スカイクレーンの衝突現場

▼以下は実物のスカイクレーンとキュリオシティ
スカイクレーン_1

スカイクレーン_2

スカイクレーン_3
Photo:NASA
このエントリーをはてなブックマークに追加