neko

ペットとして、また私達に身近な動物として犬と猫がいます。しかし、インターネットに多く登場し話題を集めるのは犬ではなく猫だといいます。何故これほどにまで猫がインターネットに氾濫するのでしょうか。

(CNN) 米誌ニューヨーカーで有名になった犬の漫画がある。パソコンの前に座った犬は「インターネットなら誰も犬だとは分からないよ」と仲間の犬にささやく。
だが犬には申し訳ないのだが、実際にはインターネットで犬だとばれても、誰も相手にしてくれない。なぜならウェブを支配するオタク連中は猫に夢中だから。

CNN
世界で飼われているペットとしての犬猫の数はどのくらいだと思いますか?調べてみるとある統計では犬は1億7,300匹、猫は2億匹を超えており実は犬よりも猫が飼われているケースが多いといいます。しかし、この割合には合わずインターネット上では猫関連の写真や動画が多く登場しており、キャットフード「フリスキー」のメーカーによるとインターネットの全トラフィックのうち15%が猫関連のものだと推定しているといいます。

物理学教授のアーロン・サントスさんによると世界のインターネット上に投稿された猫の画像の数は2010年の段階で約13億枚とされ、現在では地球の人口に匹敵する65億枚以上が投稿されているのではないかとされています。いったい何故ここまで猫写真があふれるようになったのでしょうか。

その理由として猫は犬とは違い飼い主と一緒に散歩するということは珍しく、飼い主は自慢の猫を見せびらかせたいという心理から写真を撮影しインターネットに投稿しているのではないかという説です。また猫の性格とパソコンの前に座る人の性格が合っているのではないかという説もあり、これが氾濫する理由だといわれているようです。

一方でテレビ番組やCMでは猫よりも犬が出演する場合が多い傾向を感じるのですが、もしかしたらパソコンとは視聴する層が異なっており、犬を出したほうが視聴率や宣伝効果が高いという理由があるのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加