image_7

台湾の博物館に展示されているのは高齢の物乞い姿をした人形です。しかし、この博物館に訪れた人はこの人形の持った茶碗にお金を置いていくなどして、これまで日本円で97万円を稼いだとしています。

Record Chinaによると、台湾の宜蘭市にある蘭陽博物館に展示された物乞い人形について5年間で24万6266台湾ドル(約97万5000円)のお金を集め、博物館が慈善機関に寄付するというよく分からないこと起こっているとしています。

台湾の博物館に展示された物乞いの人形、5年で97万円「稼ぐ」...:レコードチャイナ

記事によると、人形が集めるお金は台湾ドルだけではなく日本円、香港ドル、人民元、ウォンなど様々で開館以来茶碗の中がからになった日はないといいます。ちなみに最近の月収は3000~4000台湾ドル(約1万1800~1万5800円)とのこと。



蘭陽博物館によると、当初集まったお金をどのように使うのか頭を悩ませた結果、慈善機関に寄付することがいいとして現在は毎年集計した後に宜蘭県社会福利聯合勸募基金会や頭城鎮聖方済安老院などに寄付をおこなっているようです。

蘭陽博物館は2010年10月16日に開館。『宜蘭市の地元の生活を伝える』博物館となっており、館内は「山」「平原」「海」のフロアに別れ、それぞれの暮らしの歴史や使用した道具等を展示しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加