image_17

中国で先日、とある人気幼稚園の入園申し込みをめぐり一部の保護者が暴れる出来事があったと報じられています。

2015年5月25日、北京市内の人気幼稚園で、次年度の入園申込みのために入園希望の保護者らが5日5晩も行列に並んだことが話題になっている。行列に並んでも入園申込みを断られた保護者43人の一部が、抗議の暴挙に出たことが追って報じられた。北京晨報の報道。

Record China
▼布朗幼稚園の園児
image_18

北京市市豊台区にある布朗幼稚園は、この地域でも毎年入園者が殺到するという人気遊園地です。人気の理由は謎なのですが、来年2016年9月の新規入園について先月5月23日から募集することを発表していたそうです。
しかし、入園の申し込みが先着100名と限られていたことからなんと5月18日の段階で行列ができはじめたといいます。結果的に23日午前9時の段階では143人まで膨れ上がっていたとのことです。

責任者を出せ!

人が集まるところ問題が発生する中国。先着100名ということで100人が入ったところで園の門が閉められてしまったといいます。これに激怒したのは43人の保護者。一部の親は 「責任者を出せ!」など門を殴る蹴けるなどし騒ぎだし1時間ほど騒ぎ回ったといいます。
人気幼稚園では毎年のように騒ぎになることでも有名らしく、市当局は警備員10人、パトカー2台を派遣していたことが功を奏し特に人的被害はなかったとのことです。

ちなみに、ここに並んでいた人たちは幼稚園の関係者により『申し込みの資格』があるのか事前に審査されていたといそうです。この資格とは親の身分情報のみで資格が無いとされた親は列から外されたといいます。 


5日前から並び、そして身分で申し込みすら断られる。そして大暴れ。日本でも都市部ではなかなか入園したくても出来ないとテレビ等で報じられることはあるのですが、中国ではさらに上をいっているという感じです。