image_5

中国の軍事関連メディアはメディアとしては初の空母遼寧をはじめ地上の訓練施設を取材することが許され、着艦するパイロット視点の映像が含まれるなど貴重な映像をいくつか公開しています。

中国軍視網(日本語では中国軍ウォッチ)というメディアでは先日、中国海軍が試験を進めている空母『遼寧』の最新映像のほかJ-15の離着艦、地上にあるスキージャンプ式模擬飛行甲板、そしてパイロットを取材した映像をいくつか公開しています。


艦載機パイロット養成施設とそのパイロットを撮影したもの。


艦載機(J-15)パイロットをインタビューしたものや遼寧へ着艦するまでのコックピット内映像が含まれます。


こちらは比較的前に撮影されたものでJ-15(試作機)と地上訓練施設から離着陸をする映像が含まれます。映像自体は新しくはありません。

この映像についてはこれまで見ることはなかった陸上の施設やパイロットにも視点が当てられているもので、特に上の2つの映像は初公開のものが多いとされています。そこからは試験が続けられる艦載機にはまだ兵器等が搭載されておらず本格的な運用を目的とした段階には進んでいないということも分かります。

image_1

image_2

image_3

image_4
このエントリーをはてなブックマークに追加