image_11

中国東部江西省にある海昏侯墓と呼ばれる2000年前に作られた墓から新たに金で作られた複数の埋葬品が発見されたと報じられています。 

中国の複数メディアによると、2011年3月より発掘が続けられる海昏侯墓にて先日主棺室の発掘を行ったところ新たに金で作られた複数の副葬品60点を発見したと報じています。海昏侯墓ではこれまで硬貨のみで10トン以上が埋葬されるなどしており、盗掘もされておらず中国でも最も保存状態の良い古代のお墓の1つと知られています。

image_1
Photo:网易新闻
image_2
Photo:网易新闻
image_3
Photo:网易新闻
image_4
Photo:网易新闻
image_5
Photo:网易新闻
image_6
Photo:网易新闻
image_7
Photo:网易新闻
海昏侯墓は中国の主要な考古学的なプロジェクトとして武装警察により24時間パトロールされています。現在お墓を包むように建物が建てられその内部で発掘作業が進められており、お墓の構造としては2つの大きな墓にと副葬品を収めた部屋が7つ、その他にもいくつも部屋が設けられているとのことです。

image_8

image_9

image_10


このエントリーをはてなブックマークに追加