image_5

中国からの中継映像が入るとまるで夕方のような薄暗い映像になっている場合があります。これは大気汚染が原因で太陽光が遮られていることが理由なのですが、本当に自然によるものではないのでしょうか上空から撮影された写真にその全てが納められていました。

中国で年々深刻になる大気汚染。地上では太陽の光すらも遮られ走る車はヘッドライトが点灯している場合も見受けられます。日本で言うところの霧が1日中続いているといえば想像しやすいのですが、中国の場合本当に霧といった自然現象由来ではないのでしょうか。

image_1
Photo:中国網
この写真は今月8日、浙江省杭州市にて上空500m付近から撮影されたものです。上空には青空が広がっており間違いなく大気汚染が原因であることが証明されました。

image_2
Photo:中国網
地上付近は茶色い煙が立ち込めています。まさに毒霧。

image_3
Photo:中国網
image_4
Photo:中国網
酷いように思えますが、8日の杭州市の大気汚染指標は『軽度汚染』ということで最近の計測不能な『赤色警報』よりも軽いものになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加