image_1

アメリカのコメディー映画『ホームアローン』シリーズは有名ですが、その中でもホームアローン1及び2で登場した泥棒コンビはご記憶の方も多いと思います。今回はこの2人の現代の姿を紹介していきます。

1990年11月16日、アメリカで公開された映画「ホームアローン」はクリスマスの家族旅行でパリに旅行することになったマカリスター家と取り残された主人公ケビン・マカリスターが泥棒に入ろうとするコンビを撃退するという内容になっています。

続く、ホームアローン2でもこの泥棒コンビは再登場したのですが、泥棒役として出演したジョー・ペシ氏とダニエル・スターン氏は現在どのような姿になっているのでしょうか。

▼映画公開当時撮影されたもの
image_2

▼数年前に撮影された姿
image_3

ジョー・ペシ氏は1943年2月9日生まれの72歳、ダニエル・スターン氏は1957年8月28日生まれの58歳です。ダニエル・スターン氏については映画の中でも長身として写っていたのですが、当時は身長193cmあったそうです。


ちなみに、ホームアローンの主役ケビン・マカリスターことマコーレー・カルキン氏についてはこのようになっています。
image_4

▼2013年


彼についてはホームアローンが産んだ金が原因で壮絶な人生を歩むことになりました。2012年には死亡説が報じられるほどだったのですが、現在は俳優業へ復帰する傍らバンド活動も行っているそうです。マコーレー・カルキン氏は今年35歳になりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加