image_3

中国の富裕層向けに海外製粉ミルクを大量に購入、国内で転売している問題について、中国海軍の兵士らは遠征先のオーストラリアで大量の粉ミルクを艦艇に持ち運ぶ様子が撮影されたと報じられています。

6日、中国人の買い占めにより乳幼児用粉ミルクが品薄状態となっているオーストラリアでこのほど、同国を訪問中の中国海軍の艦艇に粉ミルクとみられる複数の箱が積み込まれる様子が目撃され、物議を醸している。

Record China
1月2日から7日まで中国海軍はオーストラリア海軍との海賊及び違法薬物対策の合同演習を行ったのですが、中国メディアによると訪問先のオーストラリアの港で中国海軍の制服を着た人物らが自動車で運ばれたダンボールを艦艇に運びこむ様子が撮影されたのですが、実は粉ミルクを購入していたのではないかと話題になっているといいます。

記事によるとダンボールの一部にはドイツ製の粉ミルク『Aptamil 3』と書かれたものもあったとしてます。

▼Aptamil 3と書かれたダンボールを運ぶ兵士
image_1
Photo:多維新聞
image_2
Photo:多維新聞
2枚目の写真では既にダンボールが開封されており、左下にはインスタントコーヒーなどスーパーで売られているようなものが入っていることから、現地で売られているものをお土産として持って帰ろうとしていたものと予想できます。

オーストラリアでは中国人らが転売目的で大量に粉ミルクを購入していることから購入制限を設けている店が多いということで、1枚目の写真についても単純にダンボールが粉ミルクのもので中身は一般的な食料品と考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加