image_3

普段みなさんが見ている風景はRGB、赤・緑・青の3つの色からおよそ100万色を見分ける能力があると言われています。しかし、同じ人でも見えている風景は場合によって異なり、そのなかでも女性の一部は通常の人の100倍、1億色を見分けることができるそうです。

一般的に人は100万色を識別しますが、世の中にはその100倍である、1億もの色を識別する「4色型色覚」を持つ人が存在すると考えられています。一説によると女性の12%が4色型色覚を持っているとも言われていますが、なぜ女性だけが4色型色覚を持っているのか、そして4色型色覚が現れるのはなぜなのか、the neurosphereが解説しています。

GIGAZINE
実に女性の10人に1人が1億もの色を識別する「4色型色覚」の持ち主とされているのですが、実はこの4色型色覚は男性には現れず女性のみとなっているそうです。その理由は何故なのかという記事です。

非常に長く説明されているのですが、男性と女性の大半はRGB(赤・緑・青)を識別できるものの、「4色型色覚」は3つの色に加えて『黄色』を識別することができるそうです。しかし、この黄色を識別できる錐体細胞は突然変異により起こるものであり、その突然変異を起こす遺伝子が女性にしかないという『X染色体』に存在するため女性にしか遺伝せず突然変異もおこらないといいます。

では、4色型色覚はどのような色で見ることができるのかという点について、例えば白い月を肉眼や望遠鏡で見た時に鉱物の分布図のように所々『別の色』で見えるとも言われています。ただ、4色型色覚の持ち主について実際にどのような世界でものを見ているのかは説明ができないとされています。

男性よりも女性は綺麗な色にこだわる人が多いのですが、もしかしたらそのような人たちはいつもカラフルな世界を見ている4色型色覚に生きている人たちなのかもしれませんね。ちなみに、過去話題になった『白と金のドレス』についても4色型色覚の持ち主については正しく青と黒で見分けることができるとのことです。