image_46

人気のあるスポーツの一つとしてサッカーは不動の地位がありますが、実はゴールキーパーの発がん率が高いということで米政府が調査することになったそうです。その原因は人工芝の充填剤にあると言われているのですが、今後どのような対策がとられるのでしょうか。

 かねてから発がん性が指摘されていた人工芝の問題について、米政府がようやく重い腰をあげた。2016年2月12日、米消費者製品安全委員会は環境保護局、疾病対策センターと共同で人工芝の充填(じゅうてん)剤の原料として使われている廃タイヤの化学物質の危険性について調査を開始すると発表した。

J-CASTヘルスケア
みなさんのご友人、ご親戚にサッカーのゴールキーパーを長らくしており悪性リンパ腫の診断を受けたという人はいないでしょうか。実は米メディアによるとサッカースタジアムなど人工芝を用いた競技場で試合や練習を行うサッカー選手がガンと診断される例が多いと報じています。

記事によると米大学におけるサッカー選手を調査した結果、2009年の段階で38人が病院で治療を受けており、うち34人が全てガンと診断され、病名はリンパ腫や白血病が多かったとしています。(ガンにはいたらなくても呼吸器系の疾患も多いとのこと)

▼人工芝の例
image_45

人工芝は廃タイヤから作られるゴムチップが多く使用されているらしくこれにベンゼン、カーボンブラック、鉛が含まれています。カーボンブラックと鉛は発がん性が疑われる物質でゴールキーパーは飛んできたボールなどをキャッチしたり弾いたりするなどして体に付着し吸い込んだり口に入るなどし人体を汚染する可能性があるとのことです。

人工芝はスタジアムだけではなく例えば幼稚園やご家庭の庭に敷いている場合があります。これにもカーボンブラック、鉛が含まれている場合があるとすれば要注意ということになります。
ただ、多くの時間を人工芝の上にいるサッカーや野球選手でもピンピンしている人が多く、ただ踏んで通過するだけの私達一般人はそこまで心配する必要は無いと思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加