image_2

アメリカが計画している火星有人探査計画について、NASAの長官は宇宙船に搭載する推進装置に原子力ロケットエンジン(熱核ロケット)を採用することが最も効率が良いと発言しているそうです。

dailymailによると、元宇宙飛行士でNASAの長官であるチャールズ・ボールデン氏は2033年にも実施される有人火星探査計画について宇宙船の推進装置に原子力ロケット(以下核熱ロケット)を使用することが最も効率的な方法だと主張していると報じています。

Nasa claims nuclear rockets are the most effective way to get to Mars | Daily Mail Online

記事によると推進装置を核熱ロケットにすることで従来の化学ロケットと言われる燃料と酸化剤を燃焼させるものよりも半分の重量にすることができ、必要な貨物をより多く搭載することができるとしています。
そして片道250日あまり必要だった時間的な問題についても100日程度に短縮できるとのことです。

NASAによるとこれまでも核熱ロケットを採用するという案が出されていたとしており、計画では25,000ポンド(11.3トン)の推力のあるエンジンを3つ搭載するというものがあったそうです。核熱推進についてどの程度研究が進んでいるのかという点については、1973年に段階で既に実用化できるレベルに達していたものの結局使用されず廃案となったとしています。

▼1970年代に開発された核熱推進『NERVA』
NERVA

核熱ロケットエンジンに必要な燃料は液体水素だけです。もちろん通常のロケットを使用し宇宙空間に運んだ後推進装置を稼働します。
装置自体は原子力発電所で使用する原子炉にノズルが付いているな形をしています。ただ、内部を巡るのは水ではなく燃料の液体水素で、噴射ノズルを経由した後原子炉内に送られ高温に熱することで水素を膨張させ噴射ノズルから出すことで推進力を得ます。

1973年に終了したという計画では「NERVA (Nuclear Engine for Rocket Vehicle Application)NRX/EST」と呼ばれる核熱ロケットが実際に造られ燃焼試験も行われていました。こちらの装置についてどのようなものだったのかは別途記事にしようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加