image_6

過激派組織『イスラム国』最大の拠点となっているのはイラク北部に位置するモスルという市街地です。現在、イラク政府軍による大規模な掃討作戦が行われているのですが西部にある旧市街上空ではビラを撒くという作戦が行われたと報じられています。

中国メディアによると、今月18日夜イラク政府軍は過激派組織『イスラム国』の拠点となっているモスル旧市街地上空からビラを撒く作戦を実施したと報じています。

伊拉克军队进攻摩苏尔老城 空投传单满天飞_网易新闻

詳細は不明なのですが、モスル旧市街地は現在イスラム過激派により市民10万人が人間の盾として利用されているとしており街には食糧がほとんど無いと考えられ医療についても停止している状態が続いていると言われています。また現在市内からの脱出も行えずこれが発覚した場合はイスラム過激派により射殺されるなど被害が相次いでいるとしています。

image_1
Photo:网易新闻
上空から撒かれたビラの数は50万枚。国旗がプリントされた裏側には今月18日から始まった旧市街地を開放するための大規模な作戦を行うという警告と市民らに被害が及ばないよう広場に出ないよう注意を促す文言が書かれていたとのことです。

image_2
Photo:网易新闻
image_3
Photo:网易新闻
image_4
Photo:网易新闻
image_5
Photo:网易新闻
このエントリーをはてなブックマークに追加