地中埋込み式ゴミ箱_3

人が集まるとこには必ずゴミ箱が設置されていますが、ゴミ箱を地下に埋め込むタイプが中国で運用が開始されたそうです。非常にユニークなゴミ箱なのですがどのような特徴があるのでしょうか。

中国国営『新華社』によると、河北省張家口市に埋め込み型ゴミ箱の運用が登場し運用が始まったと報じています。設置されたのはリサイクル可能なゴミとそうではないゴミを回収するもので利用者は右側にあるスイッチを足で回すことで蓋が開きゴミを入れることができるというものです。

地埋式垃圾箱亮相河北崇礼_图片频道_新华网

地中埋込み式ゴミ箱_1

記事によると、小さいソーラーパネルが付いており発電することで中国語と英語の案内音声が流れるというものになっているそうです。また夜間にもゴミが捨てられるよう蓋が光るようになっているとしています。

通常ゴミ箱といえば腰あたりの高さで複数設置されているのですが、観光地や遊園地では意外と目立ち景観が損なわれるという問題があります。また歩道に設置した場合はその部分だけ狭くなるという通行上の問題も考えられます。
何れにしても地上に設置した場合は一定のスペースが必要で景観も損なわれるという問題があるのですがこのような埋め込みタイプだとこの2つは解決可能です。

地中埋込み式ゴミ箱_2

一方で雨が降った場合にゴミ箱に水が入らないのか、金属でできているため滑らないのか、開閉に必要な金属の『ちょうつがい』があり歩行者がつまづき転倒する恐れがあること、またどこにゴミ箱があるのか分からずポイ捨てが多くなる可能性があるなどいくつか気になる点もあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加