マーキュリー計画 VR

ゲーマー向けPCやPS4などでも本格的なVR(バーチャルリアリティー)を体験することができる時代になりましたが、9月以降PC向けとしてアメリカ初の有人宇宙船『マーキュリー』の打ち上げ操作し体験することができるというソフトが公開されるとのことです。

アメリカ初の有人宇宙飛行計画として進められたマーキュリー計画。これは後に続くジェミニ計画、そして有人月面探査を成功させたアポロ計画、国際宇宙ステーションの建造に活躍したスペースシャトル計画と現在に続く有人宇宙飛行計画の原点なのですが、実はこれを誰でもVRで経験することができるというソフトが販売(予定)となっています。

アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」をネジ1本まで完全再現したVRシミュレーター|ギズモード・ジャパン



記事によると対応しているハードウェアはOculus RiftとHTC Viveで販売はSTEAMが行うとしています。(現在デモ版がダウンロード可能です。)

またゲーム内ではボタン一つ一つが動くようになっているとしており、宇宙飛行士さながらの飛行を楽しむことができるとしています。

▼アメリカ初の有人宇宙飛行を行ったマーキュリー・レッドストーン3号の打ち上げ映像


実物のマーキュリー宇宙船は機体サイズが3.3m、直径1.8m、宇宙飛行士が乗り込んだ空間は2.8立法メートルしかないという一人乗りの小型宇宙船で、船内には55のスイッチ、35個の機械式レバーなど120個の制御機器が搭載されていました。

実際のマーキュリー計画では海軍、海兵隊、空軍所属の軍人7人が宇宙に到達しています。1961年5月5日、マーキュリー・レッドストーン3号でアメリカ初の有人飛行を成功させたアラン・シェパード氏は弾道飛行で僅か15分22秒の飛行だったものの、2年後に打ち上げられた最後のマーキュリー・アトラス9号(ゴードン・クーパー氏)では1日と10時間19分、実に地球を22週するという飛行にまで技術を発達させていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加