image_123

アメリカを始めとしてロシアや中国で開発が進められているステルス爆撃機について、中国についてH-20という大型ステルス爆撃機について年内にも初飛行する可能性があると報じています。(画像は想像図)

中国のニュースサイト『多维新闻网』によると、2016年9月頃開発が発表されていたというステルス爆撃機『H-20』について、早ければ年内にも初飛行が予想されていると報じています。H-20は最近、模型が空港に駐機している姿が人工衛星で確認されていました。

战力5倍于轰6K 曝轰20最快年内试飞_中国-多维新闻网
H-20

アメリカやロシアは数種類の爆撃機を運用している中、香港メディアによると中国空軍の弱点は大規模な長距離戦略爆撃機だとしておりH-20はそれを埋める存在だとしています。そのため新型爆撃機には大陸間攻撃能力、空中給油能力、衛星通信システムなど最新の技術で開発しなければならないとしています。

H-20の性能は明らかになっていないものの中国軍の主力爆撃機となっているH-6Kの約5倍以上の戦闘能力があり、行動半径は空中給油を使用せずに8,000kmに達すると予想されています。また核兵器の運用能力をはじめ電子戦能力など5つの顕著な特徴を備えた航空機になるとのことです。

H-20のデザインについては冒頭紹介した人工衛星写真によるとアメリカで開発が中止となった無人戦闘攻撃機X-47Bペガサスのような全翼機もしくはブレンデッドウィングボディを採用したもので亜音速で飛行可能なステルス機になっていると考えられています。
このエントリーをはてなブックマークに追加