image50

アメリカの航空・軍事大手ノースロップ・グラマンは同じ宇宙・防衛企業オービタルATKを92億ドル、日本円で約1兆円で買収すると報じられています。

巨大軍事コングロマリットがさらに大きくなろうとしています。2017年9月18日(現地時間)、米軍事企業のノースロップ・グラマンは米宇宙開発企業のオービタルATKを買収すると発表しました。買収金額は92億ドル(約1兆円)です。今回株式の78億ドルを現金で購入(残りの14億円は負債)するノースロップ・グラマンは、軍用機から航空母艦、人工衛星、ミサイル防衛システム、情報技術システムなどを開発する巨大軍事企業。

sorae.jp
日本ではあまり馴染みのない企業なのですが、ノースロップ・グラマンは大型のステルス爆撃機B-2 スピリットやトップガンでお馴染みのF-14 トムキャット、最近では無人航空機 RQ-4 グローバルホークを開発製造しているメーカーです。また空母から駆逐艦、原子力潜水艦まで開発しておりアメリカを代表する軍需企業です。

そんな企業が買収したのはオービタルATK(旧オービタル・サイエンシズ)。この企業も日本ではほとんど耳にしないのですが、空中発射ロケットペガサスやアンタレスロケットを運用している企業で、アンタレスロケットでは国際宇宙ステーションに物資を送るシグナス補給船を開発・運用しています。

▼オービタルATKによるアンタレスロケットの打ち上げ


記事によると、オービタルATKは今後ノースロップ・グラマンの第4部門として存続していくとのことです。

ノースロップ・グラマンに関してはボーイングのように特に宇宙分野を積極的に行っているわけでなくオービタルATKの買収により得意とするロケット・ミサイル分野でも影響力を与えていくものと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加