image_71

海外の複数メディアによるとイギリス人の冒険家トム・モーガン氏は椅子に100個のヘリウム風船を付けて空を飛ぶという挑戦を行いました。

今月20日、無謀とも言える挑戦を行ったのは南アフリカのヨハネスブルグで活動しているイギリス人冒険家、トム・モーガン氏(38歳)です。彼は冒険会社を経営している人物でどのような理由からなのかは不明なのですが、ヨハネスブルグから風船で飛び立ち25km先に着陸したとしています。

牛人用气球绑椅子 坐着飞上数千米高空_网易新闻



使用した風船は100個で2日かけヘリウムガスを充填しました。いくつかの海外メディアによると風船による飛行は天気が良い日を見つけることと、風船が爆発しないよう防ぐようにすることが難しかったなどと話しているそうです。

最高到達高度は8000フィート(約2438m)。トム氏によると高度が上がるにつれ非常に高速で移動し始めたと着陸は冷静さを保ちつつ徐々に風船を切り離していったとのこと。
またトム氏は「将来アフリカでヘリウムバルーンレースを開催したい」などと話しています。

image_72

image_73
このエントリーをはてなブックマークに追加