Atlas_1

ソフトバンクが買収したアメリカ企業『ボストン・ダイナミクス』が開発している2足歩行ロボット『アトラス』。その最新映像が公開され人間の身体能力を超えつつある姿が披露されました。

皆さんの中でバク宙ができる人がどれだけいるのか。運動が得意な人でできる人は少ないと思うのですが、ボストン・ダイナミクスが開発中のアトラスが台の上からバク宙を決める映像が新たに公開されました。


こちらが先日公開されたばかりのAtlasです。映像では両足でジャンプして台の上に飛び上がる姿のほか、台の上で180度回転、3つのバク宙が写し出されています。

アトラスは2016年2月末に初めてその姿が公開された同社最新の2足歩行ロボットの一つです。


この手のロボットは転倒など衝撃に非常に弱いことが知られているのですが、アトラスはそうではなく頑丈に作られており動画のようにシートがひかれている環境での転倒ではびくともしない姿が公開されていました。


この手のズッコケシーンはボストン・ダイナミクスの伝統となっています。

ボストン・ダイナミクスはロボット開発を行っている企業でマサチューセッツ工科大学からスピンアウトして1992年に設立されたベンチャー企業です。元MIT教授で現ボストン・ダイナミックスCEOのマーク・レイバート博士は1本足で跳躍する「3D One-Leg Hopper」をはじめ跳躍したり宙返りしたりする脚型ロボットを開発したことで非常に有名です。レイバート博士のロボット工学の技術はSONYが過去に開発していたAIBOやSDR-4にも導入されています。

同社が現在開発宙のロボットは他にもSpotMiniHandleがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加