image_9

アメリカのマイク・ペンス副大統領は今後の宇宙開発計画として月軌道プラットフォームゲートウェイを2024年までに宇宙飛行士を月軌道を周回させると演説しました。

アメリカが次なる宇宙開発として建造を目指しているのは『月軌道プラットフォームゲートウェイ (以下、LOP-G)』というものです。これはトランプ大統領誕生後、オバマ政権下で行うとされた小惑星探査計画を取りやめ月軌道に小型の宇宙ステーションを建造し、有人月面探査から最終的に有人火星探査を行うという野心的な案です。

US Astronauts Could Fly to Moon-Orbiting Station by 2024, Pence Tells NASA

Space.comによると今後の宇宙開発としてアメリカのマイク・ペンス副大統領は2024年に再び月軌道に宇宙飛行士を打ち上げるという内容の演説を行いました。今後の有人月面・火星探査などの計画はLOP-Gから行うという計画になっており、以前から発表されていたLOP-Gの建設に向けた日程の変更はありません。

▼月軌道プラットフォームゲートウェイ (LOP-G)
月軌道プラットフォームゲートウェイ (LOP-G)

LOP-Gの建設は現在の2020年に『Power and Propulsion Element (PPE)』 というステーションとイオンエンジンへ電力を供給するコンポーネントを打ち上げます(上の写真では右側に写っているもの)。その後、2024年に居住モジュール『Deep Space Habitat』を打ち上げます。この2024年の打ち上げは宇宙飛行士4人を搭乗させた有人打ち上げとなりアポロ計画以降実施されていなかった月軌道への宇宙飛行士の再打ち上げとなる予定です。以降、Gateway Logistics Moduleを2025年、船外活動を行うためのエアロックモジュールを2026年に打ち上げ接続することで完成となります。

トランプ政権下の宇宙政策についてはこのような月を目指した宇宙開発となっており、アポロ計画のような月に降り立ち足跡を残しサンプルを回収し持ち帰るというものではなく、月軌道に恒久的なステーションを建設することで様々なミッションを行うという今後の宇宙開発の足掛かりとなるようなものを建設するというものになります。

ただ、これらの計画が予定通りに進むのかはロケットと宇宙船の開発にかかっており、モジュールと宇宙飛行士を打ち上げるロケット『スペース・ローンチ・システム』と『オリオン宇宙船』がまずは計画通り打ち上げが実施され、問題なく試験をクリアさせなければならないという壁があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加