J-20

中国が開発した戦闘機としてJ-20という最新鋭機があります。これはF-22やF-35が該当する第5世代戦闘機と位置づけられているものの、一方でロシアのテストパイロットらは「第4世代戦闘機だ」と主張していると報じられています。

ロシアメディア『スプートニク』によると、ロシアで開催される世界最大規模の航空ショー『MAKS』の名著会長でロシア連邦英雄という称号を得ているテストパイロットらが中国が開発し配備しているJ-20というステルス戦闘機とされる機体に関して酷評していると報じています。

中国の戦闘機、露で酷評 - Sputnik 日本

記事によると、名誉会長のマゴメト・トルボエフ氏によると、中国で開発されている全航空宇宙技術の基礎は一部はオリジナルはあるかもしれないものの、旧ソ連と現在のロシアの技術や思想が入っておりそこに独自のものは何もないと断言。

J-20_7
Photo:新浪网
もう一人のロシア軍の現役パイロットはJ-20に関しては第4世代戦闘機の発展型となる第4++世代のカテゴリーに分類されるのではないかとしており、特にエンジン部分に関しては少なくともロシア製のものではなく中国が独自開発したエンジンが完成してからようやく第5世代戦闘機として語られると主張しています。

また双方の見解としてJ-20はロシアが開発しているSu-57、そしてアメリカが開発したF-22やF-35に酷似しており、模倣した要素が確認できるとしています。


第5世代戦闘機(第5世代ジェット戦闘機)とは一般的にレーダーに探知され難いステルス性を備えアフターバーナーを使用しなくても音速以上の速度が出せる超音速巡航(スーパークルーズ)が可能な機体とされています。これは例えばF-15やF/A-18E/Fといった機体にはない性能になります。
また一部の機体には前方だけステルス性を備えた機体というのが存在しており、第4世代戦闘機よりも能力が向上している機体は『第4++世代』『第4.5世代戦闘機』などに分類されています。

第5世代戦闘機に関しては昔は『高い機動性』も要素に含まれていたものの現在は特に重要視されなくなっているとしており、該当する要件というのは時代により変化してきた歴史があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加