Space Trek_5

中国メディアによると今月25日、国内にあるロケット発射場からSpace Trek、中国では『北京星途探索科技有限公司(星途探索)』などという民間企業が開発したロケットが打ち上げられ、これに成功したと報じられています。

今回ロケットが打ち上げあられたのは中国の大型ロケット発射場となる酒泉衛星発射センターで、北京時間16時50分に打ち上げが実施されたとしています。同社のホームページによると、打ち上げの詳細に関する内容は掲載されておらずどのような打ち上げ内容となったのかは不明なのですが、中国メディアの内容によると、今回は初の商業準軌道打ち上げになったとしており、何らかのペイロードが搭載されていたものと考えられます。

“探索一号”商业亚轨道运载火箭成功首飞_网易新闻

Space Trek_1

詳しいロケットのスペックは、同社ホームページによると1段構成のシングルステージによる固体燃料を燃焼するロケットで、全長は7.4m、直径は1m。重量は5.8トンです。飛行高度は30km~350kmとしており、最大で700kg搭載することができるとしています。

Space Trek_2

ロケットはサブオービタルのサービスを提供するとしており、つまり地球を周回するのではなく弾道軌道による観測や微小重力試験、人工衛星の負荷試験など技術開発用の各種試験も行えるようになっているとしています。

ロケット名は『探索一号』英語ではディスカバリー・ワンという表記になると考えられます。
Space Trek_3

また同社は全長21m直径1.4mの小型人工衛星を軌道に乗せるロケット開発も行っており、こちらは高度500kmの太陽同期軌道に対して240kgを打ち上げる事ができるとしています。ロケット名は星途一号(スターウェイ・ワン)です。

Space Trek_4

同じようなコンセプトのロケットとしては中国では『零壱空間』(OneSpace)という企業のOSシリーズがあり、こちらも固体燃料によるロケットの打ち上げが実施されていました。他にも中国では民間企業が開発している小型ロケットが複数開発されており、特に超小型人工衛星の打ち上げが近い将来数多く多く行われようになると考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加