image79

先日、横浜に停泊している大型クルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号から韓国人を帰国させるための専用機が派遣されました。実はこの機体に関して、その呼び方に関して韓国内では政治的な目的があるのではないかという指摘があるとしています。

イヤモンド・プリンセス号に乗っていた乗客9人、乗客5人の合計14人に対してに日本にVCN-235、空軍3号を派遣しうち6人の韓国人と日本人の配偶者1人を乗せ18日正午頃に離陸しました。韓国メディア連合ニュースによると、派遣された機体に関して韓国の中央事故収拾本部は空軍3号を「大統領専用機」と表現していたことについて、一部のメディアそしてネットユーザーから総選挙を控え、政府の国民保護に促進する政治的な目的があるのではないかという主張がでているといいます。

[팩트체크] 대통령전용기? 정부전용기?…크루즈 승객 수송기 정체는 | 연합뉴스

簡単にまとめると、この機体が政府専用機なのか大統領専用機なのか明確な判断はされていないと説明しています。

連合ニュースによると軍関係者の話として「VCN-235が空軍3号機で使用され始めたのは2002年末」とし「(大統領が実際に利用する)空軍2号機の予備機でこれまで実際に大統領が搭乗したことはないことが知られている」と説明しています。また「空軍は空軍3号機を『大統領専用機』とも呼んでいるものの『政府専用機』とも呼ぶ」「青瓦台任務を主としているため、大統領専用機と言っても問題はない」と説明しているとのこと。

李明博政府初年度の2008年3月14日付の「「国政ブリーフィング」の内容では「大統領の任務担当部隊の航空機は、大統領の国政任務遂行が最優先的に活用されている」とし「大統領のスケジュールに応じて緊急待機状態の利用率を高め首相と大臣をサポートすることに焦点を合わせている」という回答をしており大統領以外も使用できるとのこと。

したがって、結論としては機体は大統領専用機で導入されたことは事実であるものの、現実的にみれば「政府専用機」と呼ぶことが的確だとしています。

ちなみに今回の韓国人輸送に関しては日本では「大統領専用機」と表現し伝えているメディアが多くこれは韓国当局が発表した表現をそのまま使った結果と考えられます。また小型の軍用機を派遣した理由は旅客機ではコストがかかり、輸送機でもスペックオーバーということで運用コストが現実的なこの機体が選定されたとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加