image_15

先日、プーチン大統領がモスクワ市内にあるという病院を視察し新型コロナウイルスに対する姿を自らメディアの前に晒しました。一方で、このときプーチン大統領に近距離で説明していた医師が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになったと報じられています。

韓国メディア聯合ニュースによると、現地時間今月24日モスクワ市内にあり新型コロナウイルスに感染した患者もいるという病院の視察を行ったプーチン大統領について、当時病院を案内し近距離で接していた医師が新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと報じています。

푸틴 면담한 모스크바 코로나19 치료병원 수석의사 양성 판정 | 연합뉴스

▼感染した医師と近距離で会話していたプーチン大統領
image_11

記事によると、案内した医師について、まずこの病院はモスクワ地域の感染専門病院の主任医師 デニス・プロシェフチェンコ氏とのことで、新型コロナウイルスに感染していることが分かったのは3月31日にほうじられたことを考えると、24~31日の間と考えられます。



プロシェフチェンコ氏は自身の状態についてフェイスブック上で伝えており、「実際に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。しかし、体調はとても良い」とし「私は診療室で自ら隔離しており、ここにはリモート業務と遠隔医療協議を行うためのすべてが揃っている」などと紹介しています。


問題はいくつかあるのですが、プーチン大統領は病院内部、予想では患者がいる病棟内に入ったときはガスマスクのようなものを着用し全身を防護服が覆っていました。しかし、病院を訪問した時点でプロシェフチェンコ氏が出迎えていたらしく、エレベーター内部や室内で近距離での会話また握手など接触感染を行っていたことも明らかになっています。

現在プーチン大統領の健康状態に変化はないとし新型コロナウイルスにも感染していないとのことなのですが、67歳にであり持病の有無は不明なのですが仮に発症した場合、最悪の自体も考えなければならないという状況になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加