image_23

欧米では多数の感染者と死者がでている新型コロナウイルス。未知のウイルスに関して中国の研究グループは、動物の中で特にネコとフェレットに新型コロナウイルスが感染することが分かったと発表しました。

bioRxivという査読前論文公開サイトに掲載された研究として中国農業科学院およびハルビン獣医研究所が共同で行った研究として、特にフェレットやネコが新型コロナウイルスに感染することが分かったと発表しました。

Susceptibility of ferrets, cats, dogs, and different domestic animals to SARS-coronavirus-2 | bioRxiv

論文によると、フェレットや人と密接に接触している動物の新型コロナウイルスに対する感受性を調べた結果として犬、豚、鶏、アヒルについては複製性が低い(感染しても体内でウイルスが増殖しにくい)ものの、フェレットやネコでは効率的に複製されることが分かったとしています。特に猫では呼吸器の飛沫を介してウイルスが感染することも分かったとし、我々の研究は、新型コロナウイルスの動物の保存場所とその制御のため動物管理に関する重要な洞察を提供すると記載されています。

論文によるとネコについては幼猫(年齢70〜100日)での複製および伝播研究として3日目に死亡または安楽死させたものは、鼻と気管の粘膜に巨大な病変が認められたと記載されており、おそらくもっと重要なのはウイルスがは呼吸器飛沫を介して猫間で感染する可能性があると指摘してます。またネコは新型コロナウイルスの感受性が高く効率的に複製されていたと記載されています。


詳しい内容については専門用語が多いので詳しい方に見てもらう必要があるのですが、何れにしても身近にいる動物、特に犬についてはそれほど心配する必要はないもののネコには特に注意する必要があるという内容です。

この研究に関してどの程度の正しいものなかは不明なのですが、もし街中でネコの死体等また具合の悪そうなネコを見つけた場合、新型コロナウイルスに感染している可能性があり必ず保健所等に連絡し「新型コロナウイルスに感染している可能性が高い」と告げたほうがよいと考えられます。



また一部でネコを放し飼いにしているご家庭もあると考えられるのですが、そのような場合はその地域のネコ全体、当然そのネコが新型コロナウイルスに感染していた場合は人間へウイルスが伝播する可能性もあり屋内に留めておくことが重要です。

何れにしても現在新型コロナウイルスが流行している地域では、感染経路不明の感染者の中に野生動物との接触歴の有無の聞き取りが求められ、野生動物と接触した場合は必ず手洗いをすることが求められます。
このエントリーをはてなブックマークに追加