image_144

楽観主義なのか、それとも悲観主義なのか。いつまでもクヨクヨしてしまう人も多くいらっしゃると思いますが、過去に発表された論文によると、楽観主義者の人はそうでないひとよりも比較的長生きする傾向あるという研究結果が報告されています。

より楽観的な人のほうが長生きする傾向があることが研究で明らかになりました。どれぐらい長生きかというと「寿命が平均で11%~15%長くなる」そうで、研究では「例外的な長寿」である85歳以上まで生きることにもつながっていることが示唆されています。
「物事をプラスに受け止める人」を楽観主義者、逆に悲観主義者とは「物事をマイナスに受け止める人」を指します。楽観主義には、くよくよせず物事を明るい方に考える楽天的という人もこちらに分類されています。

今回の研究はアメリカ人の41歳から90歳の男性退役軍人1,429名、および58歳から86歳の女性医療研究者6万9744名を数十年にわたる追跡調査を行った結果、楽観的な人は85歳以上まで生きる可能性が50%~70%ほど高いことがわかったとしています。
これは寿命で比べると楽観性が高い人は楽観性が低い人と比べて平均で11%~15%寿命が長かったというものです。


なぜこのような性格により寿命が変わったのか。具体的な要因は明らかになっていないのですが、寿命を左右する心臓病やがんなどの疾患、またうつ病の経験があるかどうかという観点を配慮した場合でもこの傾向がみられたとしています。
また調査の対象となった人は社会経済的に地位の高い白人も多かったといい、それ以外の人たちではどのようになっているのかは調査されていないと説明しています。

楽観主義なのかそれとも悲観主義なのか。この性格が生じるのは遺伝ではなく生育環境が大きく影響しているといわれています。したがって、人格と同じようにそう変えられるものではないと考えられるのですが、悲観主義の人も時には楽観主義のように今日だけは肩の力を抜いて過ごすことで変わってくることもある可能性があります。

記事によると「楽観性が高い女性は学歴が高い傾向があり、うつ病や2型糖尿病も少なかったことがわかったとしています。男性は楽観性が高い方が教育レベルは高く、収入もより多く得られておりアルコールを飲むことは少ない傾向にあった」としていることからこのような学歴や収入、アルコールの摂取の有無が結果的に寿命を伸ばしていた可能性が示唆されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加