MAZ-525_1

現代の物流を支える道や鉄道などの建設工事に欠かせない大型トラック。また金属を抽出するため鉱物の輸送にも用いられていますが、初期の大型トラックには立ったまま運転するというちょっと変わった車両が運用されていたそうです。

第二次世界大戦終結後、その数年後に開発されたのはソ連製のMAZ-525という大型トラックです。運用が始まったのは1950年で全長8.3m、幅3.2m、高さが3.6mある車両で重量は24トンありました。

MAZ-525_2

戦車の並に重い車両は大量の燃料も最悪レベルで最も燃費がいい走り方をしたとしても100kmの走行するのに必要な燃料は135リットルだったといいます。もちろん当時この量を補給するのは困難だったらしく、これを解消しようと1954年にはトロリーバスのように電線を通じて動く電動車両が開発されました。しかし、鉱山の全路線に電線を敷設することが難しく結局は運用は難しかったという内容が記載されています。


MAZ-525_3

まさに当時モンスタートラックとして運用されていたのですが、実は乗り心地は最悪だったとのこと。理由は「座ったまま運転すると背骨を痛めることになる」と記載されており、いずれにしても座ったままの運転は無理だったとしています。

このトラックは1960年代に入るとBelAZ-540という車両が開発され、性能的に優れており多くがこちらのトラックに置き換えられることになったといいます。BelAZ-540は現在、鉱山で働く大型トラックの先駆者となったといいます。

MAZ-525は現在その多くがスクラップされ残されていないのですが、クラスノヤルスク水力発電所には唯一この車両が記念碑とともに設置されているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加