新型コロナウイルス_1

海外の複数メディアによるとフランスのヌーディストリゾートの滞在者および観光客ら150人あまりが新型コロナウイルスに集団感染していたことが明らかになりました。現地では服だけではなくマスクも着用しない滞在者が多くいたとされており、過去に警察側が警告していたことがあるとのことです。

韓国メディア朝鮮日報によると、CNNなど海外メディアが報じた内容として南フランス、オクシタニー地域に位置する世界最大のヌーディストリゾート『キャップダグド・ナチュリスト・ビレッジ』に滞在していた宿泊者や利用者を対象に新型コロナウイルスの検査を行ったところ、現時点で150人あまりが陽性反応がでていたことが分かったと報じています。

마스크도 벗어야 했나, 세계최대 누드 비치 코로나 150명 확진 - 조선닷컴 - 국제

記事によると、地元衛生当局はこの街を訪れた訪問者ら490人を対象に検査を行った結果、滞在者95人と、同リゾートを日帰りで訪れたような人から50人が帰宅後に感染していたことが明らかになったとのこと。現在さらに310人の結果を待っているといい少なくとも200人を超える集団感染が発生していた可能性が伺える状況です。

記事を読む限りでは感染経路は明らかになっていないのですが、ヌーディストビーチの他にもホテルやレストラン、公共交通機関等で集団感染した可能性が高いと考えられます。


この街は極めて特殊な都市環境となっており、ヌーディストビーチは「裸でいてもいい」とご存知のかたも多いと思いますが、実はレストランやお店、郵便局や銀行なども自由に裸で出入りすることができるとのこと。ちなみに裸になるのはこの地域の義務になっているとのことです。

観光都市というこもあり休暇であれば1日あたり4万人を抱えることができるとしており、フランスでは7月以降第2波とみられる感染拡大傾向が続いていることからも状況は深刻化する可能性が考えられます。

また記事によると、新型コロナウイルスが流行した3月頃にこの地域ではマスクを着用が必須となり取り締まりも強化されたものの当時地元警察は「私達が現場にいかないとマスクを着用しない」、「指定場所以外は着衣の義務はないものの、それでもマスクはしなければいけない」などと注意喚起していたことがあったといい、今回もマスクなどの着用は徹底されていなかったものと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加