image_102

第5世代ジェット戦闘機として莫大な予算を投じ開発されたF-35。結果的に高価な機体となってしまったのですが、これに関してイギリスは現在導入予定のF-35について半分程度にまで減らす可能性があると報じられています。(写真は米軍機)

中国メディアによるとDaily Mailが報じた内容として、イギリスが導入を予定していたF-35合計138機に関して、将来配備予定の機体いわゆるテンペストという第6世代ジェット戦闘機に投資するためおよそ半数まで購入数を減らす計画が報じられています。

英国计划削减一半F-35采购量 省下资金用于研发未来战机

記事によると、軽空母クイーン・エリザベスに搭載予定の垂直・短距離離着陸機F-35Bについては48機が予定通り導入予定とのことです。その上で、記載はされていないものの通常の滑走路で運用するF-35Aについて大幅に導入数を減らす可能性があると考えられ、記事では『導入数は合計で70機まで削減する』としており、F-35B 48機を差し引くとF-35Aはわずか22機になります。

イギリスとしては削減した68機分をイギリスが主導で開発を目指す第6世代ジェット戦闘機『テンペスト』に投資することを予定です。こちらの戦闘機は早ければ2035年にも導入を目指すとしており、現在のF-35Aはわずか10数年のうちに陳腐化する可能性が指摘されています。



テンペストについてはレーザー兵器を搭載が可能とされ、AIを搭載するなどして有人機として使用できる一方で無人機としても運用可能と言われています。また極めて高速で巡航飛行できるよう革新的なエンジンの開発が計画されているなど、F-35の性能を遥かに超える性能を出してくる可能性が伺えます。

一方でイギリスの専門家によるとテンペストはF-35ほど成功しない可能性を指摘しています。つまり開発がそもそも成功しなかったり、2035年よりも大幅に遅れる懸念、そしてコストパフォーマンス悪く、F-22のような扱いになる可能性も考えられ、F-35の導入数削減には否定的な意見を寄せているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加