image_124

猛暑になるとハチが凶暴になるといわれることがありますが、先月中国の病院でミツバチの大群に襲われ一度に400箇所も刺された状態で病院に運ばれた女性がいると報じられています。

Daily Mailによると先月末、中国の東部にある浙江省の農村地帯で畑仕事をしていた女性がミツバチの大群に襲われ医師により毒のあるハリを取り除くため緊急措置が行われたと報じています。

Chinese woman attacked by bee swarm has 400 stingers removed | Daily Mail Online

詳細は不明なのですが、女性はただ畑で作業をしていたところしばらくして大量のミツバチに襲撃されたといい、逃げても追っかけ回し刺し続けたとのこと。結局30分ほど刺され続け家族により病院に搬送されたとしています。



女性の状態については、疲労感があり頭痛、また軽い呼吸困難があったとのこと。措置から1時間が経った頃には安定したとしています。

image_125

今回の出来事について研究者は「昆虫は動きに敏感でより攻撃的になる。より酷い怪我を引き起こす可能性があるため、ミツバチに襲われたとしても落ち着いて走って逃げないようにすること」などとアドバイスしているとのこと。

ミツバチの毒はスズメバチのものに比べ弱いものの同様の特殊なタンパク質を有しています。このタンパク質が私達に人間ではアレルギー反応を引き起こし、特に次に刺された場合に人体が過剰反応を示す場合があります。具体的には刺されてから数分~15分以内に症状が現れるとされ、酷い場合では血圧が低下しショック状態に陥り死亡することがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加