image_27

最近、相次いで報告されているのは韓国から北朝鮮に渡る越北です。先日、海で行方不明になっていた韓国の公務員に関して韓国当局は北朝鮮に渡ろうとしていたものの、たどり着く前に銃撃を受け殺害されたのではないかとする発表を行ったと報じられています。

韓国メディア聯合ニュースによると、今月21日海洋水産部所属の漁業指導船の乗組員で公務員だった47歳のAさんが韓国最北西部、北朝鮮と海を挟み国境を接する延坪島(ヨンピョンド)の南側の海域付近で業務中に行方不明になっていた事件について、韓国当局は北朝鮮に渡ろうと意図的に海に入ったものの漂流中に北朝鮮側から銃撃を受け殺害されたと考えられると説明していることが明らかになりました。

"연평도 실종 공무원, 北서 원거리 피격 사망 후 화장돼"(종합) | 연합뉴스

問題なのは韓国当局が発表したのは推測で根拠が示されていない点です。記事によると、韓国当局は「北朝鮮の歩哨が外国からの新型コロナウイルスの拡散を遮断するための国境地域防疫指針に基づきAさんに銃撃とみている」とし、Aさんの遺体はについては「すでに回収され火葬されたのではないか」と発表しているもののその根拠は一切示されておらずこちらも憶測に留まっています。


image_26
韓国側の図でも示されておるように船員が最後に確認されたのは延坪島の南側にある小延坪島のさらに2km南側(韓国側)で、北朝鮮との洋上の境界までは約10kmあります。さらに北朝鮮側の陸地までも最短で21.5kmという位置関係になっています。

このAさんは公務員という身分にも関わらず北朝鮮に渡ろうとしていたのか。実はこれもよく分かっていません。記事によると直訳として「国内での身柄を悲観したと見られることを確認中だ」と説明があったといい、具体的に悲観する何があったのかまでは説明されていません。

ただし、一連の越北については韓国軍の諜報によると、行方不明になった翌日の9月22日午後に北朝鮮海域で発見された状況が捕捉されていたといい、こちらも現在詳細を確認中で具体的な状況は発表されていません。合わせて北朝鮮に確認を試みているものの今年6月から韓国側との回線が遮断されている状態で確認すらできていないとしています。

従って、今回の発表については軍当局がAさんが北朝鮮側の海域で発見されたという不確かな情報を元に北朝鮮が不正な入国は新型コロナウイルス蔓延を抑止するため銃殺すると発表していることから、すでに殺害されたのではないかとみており、火葬された云々というのは例えば沿岸エリアで赤外線が確認されたなどの情報が入っている可能性があります。

今回の銃殺されたという韓国側の発表について「北朝鮮高官が介入した(銃殺を指示した)状況は確認されていない」と発表してるものの、何を根拠にそれを判断しているのは示されておらずこちらも憶測で話しているだけに過ぎないと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加