ニュー・シェパード

アマゾンでおなじみのジェフ・ベゾス最高経営責任者率いる民間企業が開発している弾道飛行による宇宙旅行計画。現在も実現には至っていないものの、同社は現地時間木曜日にニューシェパードの新しいモデルの飛行を予定していると報じられています。

SPACE.comによると、ブルー・オリジンが開発している商用有人宇宙飛行に用いるニューシェパードと呼ばれる打ち上げシステムについて新しく開発したモデル、アメリカ現地時間木曜市午前11時に実施すると報じています。

Blue Origin will launch its next New Shepard suborbital test flight Thursday | Space

ブルー・オリジンが開発しているニューシェパードと呼ばれる打ち上げシステムはロケット部分にあたるニューシェパードと宇宙船部分のクルーカプセルで構成されており、垂直に打ち上げられ上空でクルーカプセルと分離。クルーカプセルは高度100km以上に到達しパラシュートと逆噴射で着陸し、ニューシェパードも垂直に着陸し回収・再使用されます。

ニューシェパードは2019年12月に12回目の打ち上げを実施。クルーカプセル部分にはNASAなどの観測機器を搭載し打ち上げ、回収に成功しています。打ち上げ機はニューシェパード3と呼ばれるもので6回打ち上げされられており全て同じものが再整備され使用されていました。

▼クルーカプセル内から撮影された様子


一方、今週打ち上げあられるのはニューシェパード3の発展型とみられニューシェパードビークル2018+(通称ニューシェパード4)になると考えられます。このロケットは2018年に製造されたもので2020年の打ち上げ予定が組まれていました。ニューシェパード4は有人飛行用に設計されたものとなっていると発表されており、今年後半から来年にかけて何らかの有人飛行が実施される可能性が考えられます。


今週の打ち上げについては無人打ち上げとなりNASAが開発した12個のセンサーなどの貨物がニューシェパード4の外部に搭載され一部は月面有人着陸における着陸技術のテストが実施されるとのこと。宇宙船内部には微小重力で植物を成長させるシステムが搭載されるとしています。

有人飛行については具体的なスケジュールは発表されていないもののSPACE.comによると今後早い段階で実施される可能性があると主張しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加