image_116

スマホや財布を持って出かけるように、マスクを着用し外出するという日常が当たり前になった現代。海外ではマスクの着用が義務化されている国があるのですが、韓国は来月より公共交通機関および施設ではマスクが罰則のある義務化となると報じられています。

ニューストゥデイによると、韓国政府は来月13日以降バスや地下鉄などの各種公共交通機関、さらに病院も含め全面的にマスクの着用を義務付けると報じています。また指定された場所で着用をしない場合は10万ウォン(約1万円)の罰金となりました。

다음달 13일부터 마스크 미착용자는 과태료 10만원, 경찰 및 구청 직원이 단속 – 뉴스투데이 - 경제 라이프 종합 미디어

記事によると、具体的には着用するマスクは国が認定した基準を満たしたマスクを着用する義務あるとし、着用も鼻と口を完全に覆わなければ取り締まりの対象になるとのこと。これについて、一部の国民から義務化することに意見が寄せられているものの今回の措置は国民の健康という公益のためだ説明しています。

今回に義務化については『感染病の予防および管理に関する法律』を改正する形で義務化されるとしており、今月12日から来月13日までは義務化前に移行期間を設ける、注意はされるものの罰金の支払いは求められないとのこと。


また具体的には着用の義務が生じる施設は公共交通機関や集会・デモの現場、感染リスクが高い医療機関や介護施設、保護施設など。ただし、14歳未満や医学的にマスクの着用が困難な人などは省かれるとのこと。


マスク着用について日本国内ではあくまでも『お願い』に留まっており、法律で罰せられるということはありません。特に最近では業務上、一般人(主に客)との間でトラブルが生じることが多々報告されています。外国との交流が再開されるにあたって業界からは国内の利用者とのトラブルも出てくる可能性があり義務化を求める声が出てくる可能性もあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加