新型コロナウイルス_1

新型コロナに感染した後、治癒後も味覚が戻らないなどの様々な後遺症が残る場合があるとされているのですが、海外が行った研究によると男性の精子数が半減するなど感染後も長期間影響を及ぼす可能性を示唆する研究が報告されています。

イスラエルのラマト・ガンにある病院、シーバ・メディカル・センターが行った研究で新型コロナウイルスに感染した男性の精子数について調査したところ、感染から30日が経過した時点で数が半分にまで減っていたことが分かったと発表しています。

記事によると、被験者となった新型コロナウイルス感染者の12人の男性のうち、13%の精子から新型コロナウイルスが見つかったといい、精子数の減少以外にも遊泳機能運動の障害、つまり移動する能力も合わせて低下していたことがわかったとのこと。

研究チームによると、これらの症状は新型コロナウイルスに感染した比較的軽症の患者からも確認できたと発表しています。


なぜ新型コロナウイルスが男性の生殖機能に影響を与えるのか。研究チームによると、新型コロナウイルスが細胞に侵入する際に使用するACE2受容体が睾丸の2つの細胞に影響を与えているといい、人体側の細胞は精子の成熟を助ける細胞と男性ホルモンであるテストステロンを作る細胞だとしています。

既存の研究から、精子が成熟するには70~75日かかるとされ、新型コロナウイルスに感染後2ヶ月半ほどすぎた時点で検査をすると精子の機能は30日目よりもさらに低下していると述べています。

研究者によると、新型コロナウイルスに感染した場合、損傷したであろう精子の機能傷害が一時的なのかそれとも永久的に残るのかを確認するため同じ被験者について6ヶ月後と1年後に検査する必要があると話してます。



男性の精子から新型コロナウイルスが発見されたという研究については今年5月の時点で中国の研究機関が発表されていました。

Source:YTN
このエントリーをはてなブックマークに追加