image_82

先日、韓国海軍が政府に対して要求していた軽空母の導入計画。これはF-35Bという短距離・垂直離着陸型の最新鋭機を運用するという、米国で言うところの海兵隊のような運用を目指しています。しかし、韓国では高コストのF-35Bを運用するくらいなら正規空母でF-35Cを運用可能な船体のほうがコスパが良いという指摘がでていると報じられています。

アメリカが保有する攻撃型空母とよばれる巨大な船。一方で、見た目はよく似ているものの強襲揚陸艦という一回り小さい船体があります。こちらは攻撃型空母では不可能な地上戦力も展開可能な能力があります。韓国では最近、後者の強襲揚陸艦をベースとした排水量4万トンという軽空母の保有計画が報じられました。

実はこれに関して韓国国内では軽空母と合わせて運用するF-35Bのコストを考えた場合、アメリカ並の空母にはならないものの中型以上の正規空母が保有可能ではないかという指摘が国内から出ていると報じています。

ヘラルドコリアによると、あくまで業界および専門家の話として軽空母に搭載するF-35Bの価格はF-35シリーズ(A型、B型、C型)の中で最も高価で、韓国型軽空母の導入するための総額は10兆ウォン(9280億円)に迫ると推定されています。
このような現実を向き合った業界によると「10兆ウォンであれば、4万トン級以上の中型空母に翼が折れる海軍の戦闘機(空母艦載機)を搭載する正式空母を運用することができる」という認識が広がっているとのこと。つまり正式空母よりも規模が小さい軽空母を2030年代に導入し、軽空母サイズに合わせた高価で戦闘能力が比較的劣るF-35Bを無理に導入する必要はないという考え方です。


実際、韓国国防総省の韓国型軽空母化計画を実現するためには、F-35Bの以外代替案がないと説明しています。F-35Bは海兵隊の迅速な上陸作戦支援などのために強襲揚陸艦から展開可能な機体として開発されたもので、F-35のシリーズの中で唯一の垂直離着陸機能が搭載されており長い滑走路がない軽空母でも短距離離着陸が可能です。

しかし、F-35Bが高価なわりに武装能力は高くなく、F-35Bを搭載した韓国型軽空母は将来高価な悩みの種になることがあるという懸念があります。

韓国軍は、過去2014年の次世代空軍戦闘機としてF-35Aを選定し7兆4000億ウォンで40機を導入することになりました。また追加でF-35Aを20機、F-35Bも20機を米国から輸入する計画です。必要な予算は約8兆ウォン(7400億円)程度。F-35Bは、F-35AやCに比べて特殊なエンジンを使用して、製作単価が高く輸入しようとする国も少ないため1機あたりの価格はF-35AやCに比べて約2倍ほど高価になると予想されています。

具体的な内容は以上なのですが、仮に軽空母上で滑走しながら離陸し垂直に着陸するF-35Bではなく正規空母のようにカタパルトで射出しワイヤーを引っ掛け着艦するとなるとこの分野の技術開発が必要になってきます。

この点に問題点について記事では「米国は最近、中国牽制などの目的のために韓国と日本などに軽空母や正規空母の運用の必要性が伝えた」と表現しています。合わせて匿名を要求したある軍事専門家は、「米国は韓国と日本で軽空母や空母を運用することを内心望んでいると聞いている」と話しており「最近、アメリカの産業界が空母の核心技術である戦闘機の射出装置(カタパルト)を韓国と日本に輸出するという意思を明らかにしたのも理由だ」などと正規空母の実現性を主張しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加