5GAT_2

アメリカのシエラ・テクニカル・サービシズが製造した無人ステルス機となる第5世代空中標的機に関してまもなく初飛行が実施されると報じられています。

The Aviationistによると、ユタ州ダグウェイ実験場で初飛行を待っているのでは第5世代空中標的機(5th Generation Aerial Target、以下5GAT)と呼ばれる機体です。この機体は今年9月18日に計画された地上でのテストを全て完了しており、次のテストは初飛行という段階にまで迫っています。
記事によると、2020年10月末までに実施すると発表されていたものの現時点では初飛行の報道はされていません。

5th Generation Aerial Target Drone to Make its Maiden Flight Later This Month - The Aviationist

記事によると5GATはこれまで合計6日間に分け、24回の地上テストを実施しており内訳としては15回が低速走行での試験、9回が高速走行の試験です。

▼高速走行試験
5GAT_1

そもそも5GATはいった何のために開発されたのでしょうか。これは非常に単純な理由で外国でステルス戦闘機が開発・製造されつつあり、アメリカ軍がステルス戦闘機の驚異に対抗することができるのか、その信頼性を探る上で各種訓練、評価に用いるためです。記事によるとアメリカ国防総省もそのような見解を示しており「現在アメリカには第5世代戦闘機の機能を真に評価可能な試験プラットフォームが不足している」と述べているとのこと。


5GATはいくつかのパーツはこれまで廃棄されたF-5やF/A-18ホーネットのものを使うなど低コストで製造された機体です。一方で、高いステルス性能を発揮させるためF-22のように空気取入口を蛇行させ正面からはエンジンファンが見えなくなっています。

エンジンにはアメリカで運用されているT-38という訓練機のエンジン『J85』を2基搭載。これにより超音速飛行も可能となっています。ただし、超音速飛行を行うような設計分析は行われていないといい、亜音速での運用が行われるようです。また機体の負荷制限はマイナス2Gから7.5Gと紹介されています。

このような従来のエンジン、廃棄されたパーツを用いることで1機あたりのお値段は1000万ドル(約10億円)に抑えることができたとのこと。

5GAT_1



シエラ・テクニカル・サービシズは安価でステルス性能のある機体を将来的にロイヤル・ウイングという有人機と共に飛行し、特に迎撃されるリスクの高いミッションを代行する機体としての運用もかんがえているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加