F-117_5

今年に入り目撃情報が多発しているF-117。2008年に正式退役し軍には配備されていないものの、今回はアメリカの空軍基地から飛び立つ姿が撮影されたと報じられています。

THE DRIVEによると現地時間2020年10月30日午後3時40分後頃、ネバダ州ラスベガスにあるネリス空軍基地からF-117が離陸する写真が撮影されたと報じています。これは航空写真家というSantosCaceresが撮影したもので、記事によるとネリス空軍基地から離陸するF-117が撮影されたのは退役以降初めてになったとのこと。



こちらが撮影された写真になるのですが、退役後ここまで高解像度に撮影された写真は非常に珍しいと思います。写真自体はレタッチされており色味がおかしなことになっているのですが、見た目の違いは退役前とほぼ無いと考えられます。

F-117については10月26日にも離陸する姿が撮影されており軍事ファンのコミュニティではF-117の目撃情報や移動先などが共有されている可能性があります。




記事によると1年間に4機ずつ廃棄されることになっていたものの少なくともそのような動きは見られないととのこと。また48機のF-117が保管されていると考えられており、それ自体が巨大なスペアパーツとして利用することができるため長期間運用することができるのではないかとされています。

F-117が運用されている理由については一切明らかになっていないものの、アメリカ軍における敵機役だったり、高いステルス性能を活かし開発された各種センサーの試験などに用いられていると考えられています。
このエントリーをはてなブックマークに追加