image_135

中国メディアによると7日夜、湖南省にある自動車用バッテリーなどをリサイクルする工場で火災があり、その後大規模な爆発が発生したと報じています。





宁德时代回应旗下电池回收厂发生爆炸:初步评估对生产经营影响有限|湖南|爆炸_新浪科技_新浪网

Sina Financeによると、爆発事故があったのは7日、18時12分頃で湖南帆布サイクル技術有限公司(湖南邦普循环科技有限公司)において、大きな爆発音と共にきのこ雲が形成されたとのこと。

記事によると、火災発生後に爆発は発生したとしており、現時点で鎮火しており死者はおらず負傷者既に病院に運ばれているとのこと。

同社は廃リチウムイオン電池のリサイクルや電池材料の製造を行っており、国内で最大規模とのこと。爆発があったのはその子会社で、年間6万トンの廃リチウムを回収しているとのことです。またニッケル水素電池やリチウムイオン電池など電気自動車用の充電池も製造しているとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加