image_154

みなさんも昔使っていたIDとパスワードを忘れメールアドレスもわからないという思いをされた方も多いと思います。実は海外では高騰するビットコインを背景に292億円相当を引き出せない人物がいると報じられています。

海外メディアによると、アメリカ人でサンフランシスコ市在住のコンピュータプログラマー ステファン・トーマス氏は今から10年ほど前に暗号通貨に関する映像を制作する依頼があり、その見返りとして当時7200ビットコインを受け取ったとのこと。当時、ビットコインの相場は2~6ドル程度(約14000~43200円)でした。その後、男性はこのビットコインを放置し、自分の電子口座も確認するようなことはせず放置し続けました。

そして現在、ビットコインの価値は桁違いに高騰。なんと彼が所持している7200ビットコインの価値は292億円相当になりました。

なぜこの男性が話題になっているのか。男性はこの間にパスワードを忘れてしまっており電子口座にログインすることができなくなっているとのこと。具体的にはビットコインを保存するデータセキュリティ機能付きのUSBメモリのパスワードを忘れてしまったとしており、10回ログインに失敗するとUSBが暗号化されてしまい永久に見つけ出すことができない仕組みになっているといいます。

既に男性は8回パスワード入力に失敗しており、残り2回しか挑戦できないとしています。ちなみに、パスワードを書き留めた紙は数年前に紛失してしまい、手元には残っていないとしています。

292億円という莫大なお金を手にすることはできるのか。ちなみに「ベッドに横になりながらパスワードについて考え、新しい戦略を思いついてコンピューターに向かうのですが、失敗して自暴自棄になるんです」と口にしているとほうじられています。



参考
このエントリーをはてなブックマークに追加