石家荘集中隔離地点_7

新型コロナウイルスの陽性者が再び出始めているとする中国河北省石家庄市で、患者を集中管理するための大規模施設が建設されていると報じられています。収容人数は3000棟規模としています。

中国で建設が進められているのは新型コロナウイルスの陽性者を集中管理するための隔離病院です。文字通り、通常の病院ではなく新型コロナウイルスの患者のみを収容するというもので、このような隔離病院は中国で新型コロナが流行したときに数施設建設されていました。

石家荘集中隔離地点、急ピッチで施工中_中国網_日本語

石家荘集中隔離地点_1

中国では過去にSARSが流行したときに同様の集中管理施設を建設し抑え込みに成功したという実績があり、新型コロナでも同様の対応がとられました。



石家荘集中隔離地点_2

入院となった場合、日本では病室内や隔離施設内から出ることは出来ないものの、中国では敷地内であれば出歩くこともできるらしく健康管理も維持しやすいという特長があります。



石家荘集中隔離地点_3

普段と同じ病院に新型コロナウイルスの患者を入院させた場合、医療従事者を介して他人に感染を広げてしまう可能性があります。中国のように集中管理を行なうことで最も脆弱な人たちへの院内感染も防ぐことができる利点もあります。

石家荘集中隔離地点_4

石家荘集中隔離地点_5

石家荘集中隔離地点_6

このエントリーをはてなブックマークに追加