ソチ女子フィギュア

2014年に実施された冬季オリンピック、ロシア ソチ五輪。女子フィギュアで金メダルを獲得したのはアデリナ・ソトニコワさんなのですが、当時キム・ヨナ選手が銀メダルになったことを受けて未だに一部の韓国人から「死ぬことを望む」など人権を侵害する内容が送られてくると報じられています。

2014年ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したロシアのアデリナ・ソトニコワさんは、今も韓国のフィギュアスケートファンからSNSで脅迫を受けていることを明らかにした。

Sputnik
2014年、ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したのはソトニコワさんで2位は韓国のキム・ヨナ選手、3位はイタリアのカロリーナ・コストナー選手でした。しかし、この採点に不服だと韓国人らが騒ぎ立てあろうことか大韓体育会や韓国スケート連盟が国際スケート連盟の懲罰委員会に提訴するなど行動をとっていました。(訴えは退けられる)

この明らかに異常な行動が当時も発生していたのですが、大会が終わって1年が過ぎた2015年に入ってからもソトニコワさんに個人攻撃を続ける異常な人間がいることがわかっており自身のツイッターで「自国のスポーツ選手を支持するのは間違っていない。それは個人の自由。でも、ここに汚い言葉を書き込まないでください!」などと被害を訴えていました。これに関して韓国人からは「ソトニコワはキム・ヨナに勝っていない。ヨナの金メダルを盗んだんだ!韓国人を怒らせるな」「実力で金メダルを勝ち取ったのなら、怖がる必要ないんじゃない?怖がるのは自信がない証拠!」とまで批判をされていました。



そして、今回Sputnikが報じた内容としてソトニコワさんに対して未だに脅迫を続けている韓国人がいるという内容です。

▼アデリナ・ソトニコワ
アデリナ・ソトニコワ

記事によると『ソトニコワさんは「7年後の今でも、気持ちがおさまらずに攻撃を続ける人たちがいます。彼らは(つまり韓国人のこと)汚い言葉を使って罵ったり、死やその他の『不快なこと』が私に起こるのを願っています。でも、私はもう気にしていません。ある時、思ったんです。なぜ私はハムやトロール、そして、もしかしたらボットに神経をすり減らしているのか?と。ブロックしたり、削除すればいいだけです。他の処方箋はありません」と指摘した。』と報じています。

なぜここまで執拗に他の国の選手に対して人権侵害を繰り返すのか。オリンピックがあるたびにそのターゲットになっているのはソトニコワさんだけではなく、韓国平昌五輪ショートトラック女子500mで金メダルを獲得したキム・ブタン選手についても韓国人から殺害予告など明らかな人権侵害を受けていることが明らかになっています。

ちなみにこのような異常な騒動に加担しているのは韓国メディアだということも明らかになっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加