インドのロイヤルウィングマン_5

最近、特に欧米で計画されていたりすでに試験機が開発されているロイヤルウィングマンという構想。有人機の僚機を安価で高性能なステルス無人機に置き換えるという案になるのですが、これに関して同じ構想でデザインされたインドのロイヤルウィングマンがアメリカで開発されているものとほぼ同じデザインで登場しました。

コンバット エア-チーム システムなどと名付けられているこちらの無人機。見出しでも紹介したように有人機に随伴する形で飛行し様々な任務を行なうという機体になります。機体が発表されたのは2021年2月3日にインドのバンガロールで開催された国際航空ショー2021で、この機体はインドの国立航空産業協会であるHindustan Aerospace Limited(HAL)が発表したものだといいます。

インドのロイヤルウィングマン_1

詳細は不明なのですが、記事にようると約5年間実施された有望な戦闘計画の枠組みの中で開発されたとしているのですが、その見た目は明らかにアメリカが開発しているXQ-58ヴァルキリーと酷似しており大型化し各種ミサイルの搭載能力を付与したものになると考えられます。



インドのロイヤルウィングマン_2

詳細は不明なのですが、機体側面には2つの空対空ミサイルを収めるウェポンベイ、機体下部には航空爆弾を搭載可能と考えられるウェポンベイが搭載されています。

公開された機体は完全なモックアップレベルでどの程度開発されているものなのかは不明なのですが、機体サイズのわりにウェポンベイが巨大であるため航続距離はかなり短いのではないかと予想できます。

インドのロイヤルウィングマン_3

インドのロイヤルウィングマン_4

ちなみにXQ-58A バルキュリーの機体デザインをパクっているのはインドだけではなくロシアも同様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加