image_90

宇宙空間を飛び交う無数の小惑星。過去には地球上の生命に致命的なダメージを与えたものもありましたが、2029年に直径300mあまりの天体アポフィスが地球に大接近すると予想されており、この規模のイベントは1000年に1度あるかないかの出来事だといいます。

Space.comによると、2004年に初めて発見された小惑星アポフィスに関して現在の軌道計算の結果、2029年4月13日(アメリカ時間)に最接近し軌道上の静止衛星が周回している3万6000kmよりも内側となる3万1900km程度まで大接近すると予想していると報じています。

image_89

アポフィスの直径は約310mから約340mで地球軌道のすぐ外側から金星軌道付近までの楕円軌道を323日かけて公転してる地球近傍小惑星です。大きな物体がこれほど地球の近くを通過することはめったにないことがわかっており、NASAのジェット推進研究所のレーダー科学者によると「これは約1000年に1回あるようなイベントであり大きな関心を呼んでいます」と話しています。

実はアポフィスは今年3月5日に地球に最接近するものの距離は地球と太陽の間の平均距離つまり1天文単位の10分の1も離れています。もっとわかりやすい表現では月と地球の約40倍以上も離れたところを通過していくとのこと。

ただ、この来月5日最接近が来る2029年4月13日のイベントまでに事前に研究することができる最後のチャンスとしており、研究者は「2029年を迎える前に私たちは準備をしています」「2029年のアポフィスは、私たちにとって本当に信じられないほどの観察の機会になるだろう」と述べています。

小惑星アポフィス_1

アポフィスについては少なくとも何千年もの間、人間に気づかれることなく太陽系の内側の軌道を他の惑星に影響を受けながら揺れ動いていたと考えられています。小惑星のサイズはエッフェル塔の高さとなる300メートル以上あると推定しています。NASAによると、アポフィスを構成しているのは岩と金属の混合物とみておりピーナッツのような形をしている可能性があり、2つの不均一な塊が滑らかに繋がっていると説明してます。

今回登場したジェット推進研究所のレーダー科学者が使用しているような小惑星を研究するための科学者の最も強力なツールである惑星レーダーを用いることでその姿を明らかにすることができるとしています。これは強力なレーダービームを照射し高感度の電波望遠鏡を使用して、跳ね返るエコーを受信することで超音波検査のような画像が得られるとしています。

ちなみに、夜空を見上げたところで人間の目でアポフィスを観測することは不可能であり、1000年に1度のイベントでもいつもの変わらない日を過ごすことになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加