image_110

韓国メディアによると、今月15日ソウル市で30年以上前に死亡した母親を誰にも気づかれず放置していたことが明らかなったと報じられています。

SBSによると、逮捕されたのはソウル東大門区にあるたのものの屋上で、今月10日に屋上の清掃に上がった作業員が包まれた置物から激しい悪臭がしているのを発見、その後どう見ても人体であったため警察に通報したことで発覚しました。

[단독] "심한 악취" 어머니 시신 30년 옥상 방치

その後、ソウル東大門警察署は集合住宅の3階の屋上で発見された遺体は、この集合住宅の持ち主の家族だったことが明らかになりました。30年以上前に息子の父親が母親の死後に葬儀を行わず遺体を置いたという内容が示されたとのこと。

現在、DNA分析を行なうなどして調査を進めているとのこと。ただ、この事件については遺体を放棄した時点から既に事項が進行しているのかを確認したうえで今後立件するかどうか方針を決定するとしており、この調査次第だとしています。

韓国の法律では放置した場合、死体遺棄罪で立件されることがあり7年以下の懲役刑を受けることになります。またこの息子は現在年齢が80歳で認知症を患っており、療養施設に入院しているなどしていることから真相の把握自体が難しく捜査は容易ではないとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加