image_16

軍用機の訓練で谷間を超低空飛行し突き抜ける映像をよく見かけますが、今回は輸送機です。旅客機並の巨大な機体がものすごい角度をつけ飛行する貴重な機内映像が公開されました。

映像が撮影されたのはアメリカのデスバレー国立公園にある通称スターウォーズキャニオンと呼ばえる空域です。これは超低空飛行することで敵のレーダーをかい潜り、侵入するような訓練で用いられている空域で航空ファンからは迫力のある写真がとれるということで海外も含め世界中からファンがあつまっているそうです。



一方、こちらがC-17というアメリカ空軍が保有するなかで最大の輸送機がスター・ウォーズキャニオンを通過する様子です。中の人は体を支えないといけないほど急角度で連続旋回していることが分かります。



参考として、こちらが外から見たC-17の飛行です。映像はそれぞれ別のものになるのですが、どのくらい傾けて飛行しているのかよくわかります。


もちろん輸送機以外も様々な軍用機が訓練を行っており、撮影スポットというのはよく分かりますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加